カテゴリー別アーカイブ: ヘッドライン

高松市紫雲町にサクセス本部事務所が完成

高松市紫雲町にサクセス本部事務所が完成し、2017年9月12日に開所式が行われました。

全社スタッフと来賓者様合わせて108名が参加。

衆議院議員、平井たくや氏にも出席いただき、お祝いのメッセージを頂きました。

今回の紫雲町の事務所を基点に道の駅フリーペーパーの制作業務を進め2017年12月1日、香川県版を創刊させます。

また、アプリ開発、ECサイト開発を担うSEの採用にも注力し、IT技術者が集う事務所になっていきます。

開所式当日に向けて、ECサイト名称を社員全員から募りました。

66名から161案が集まり、その中から最優秀賞を選出。実際のCEサイト名称に採用されることになりました。

ソリューション事業部の中核拠点として香川・高松のビルを購入。 香川県企業誘致条例に基づく助成措置対象企業に指定

アプリ・システム開発によるコンテンツ事業でコンテンツ企画から、開発まで自社一貫で開発するため、また事業の効率化を図るために高松市(紫雲町)に4階建てのビルを購入し、そのことが新聞にも掲載されました。
同ビルでは新規開発するソフトウェアなどは地域活性化をテーマとする方針で、地域の交流人口拡大に貢献するアプリを制作おこないます。
また道の駅の商品やサービスを紹介するフリーペーパーと連動させながら、地元業者向けのECサイト構築支援も計画しています。
技術職15人も新規で採用予定、大学のインターンシップ学生も受け入れる体制となりました。

ソリューション事業部の新規事業として、 道の駅フリーペーパー香川版を創刊

TVや雑誌などのメディアで注目されるようになってきた道の駅。全国で1117駅(2017年7月現在)が登録を受けており、年間の総売上高は約3500億円。年間の来場者数は約5億人となっています。地域経済の核となっているこの道の駅を軸にして、ドライブで外にお出かけして欲しい。おいしい食事をして欲しい。そんな想いから、道の駅に設置するフリーペーパーを手がけます。

道の駅を利用する人はドライブと旅行好きな方が多く、目的地となる地域の情報を求めています。道の駅を利用している方たちの特性として50代、60代の方が主軸。30代、40代の女性も多いのが特徴です。一方で魅力的なスポットなのに発見されていない。おいしい食事が出来るのにうまくPRできていない。色んなところに遊びに出かけたいドライバーと、外からの旅行者に遊びに来て欲しい地域事業者をマッチングできるフリーペーパーという情報出版業を新たにスタートさせます。2017年12月に香川版冬号を創刊。毎年春・夏・秋・冬の4号をリリースしていきます。そして香川を皮切りに徳島版、愛媛版、高知版を創刊。四国4県の道の駅は88ヶ所(2017年7月現在)。香川県版で3万部ほどを発行。今後も増えることが予想される道の駅、瀬戸内の島、太平洋沿い、山あいにと四国はひとつでも地域ごとに色んな特徴があります。各地域の道の駅の魅力を発信しながら、周辺のスポットを紹介していくことで地方創生の一助になります。
またフリーペーパーだけではなく、サイネージを活用した広告から人の動きをつくること

IT導入補助金 支援事業者に認定されました。

株式会社サクセスは、この度、経済産業省が推進する
「サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)」において
「IT導入支援事業者」に認定されました。
「IT導入補助金」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の
導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。
「IT導入補助金」を利用することにより、
システム導入費用の3分の2(上限額:100万円 下限額:20万円)が補助されます。

当社のご提供するサービスで本補助金に該当するものは、下記の通りです。

四国八十八ヶ所霊場めぐり支援アプリ『お遍路ナビ』 リリース

過疎化が進む四国の地域を活性させたいとの考えから地域の交流人口拡大に貢献できるアプリとして『お遍路ナビ』を開発しました。お遍路は通常歩いて札所をめぐります。そのため次の札所に向かうとき、どうやって移動すればいいのか。車で移動を前提としたカーナビの機能は発達していますが、歩くことを前提とした1メートル単位でのGPS機能は未整備だったところに光を当てる指さし機能を搭載したアプリです。

札所だけではなく、周辺のお食事どころや宿泊施設もチェックすることができ、歩くお遍路さんの目線に特化したコンテンツとなっています。
また瀬戸内国際芸術祭などからsetouchiが海外で評価されるようになり、外国人旅行者が数年前に比べて増えてきました。
そんな外国人にとってお遍路という文化は関心が高く、やってみたいと思っている人も多い。ただお遍路の白装束はどこで手に入れるか。
どうやって巡礼するのか、辿り着いたお寺でどうやってお参りするのか。
この疑問に『お遍路ナビ』が分かりやすく手軽に応えることが出来ました。
日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語の5カ国言語に対応。
お作法については動画で確認できる機能を搭載しています。

四国八十八箇所を世界遺産に。という動きをサポートしているという評価も加わり、香川県知事賞、最優秀特別賞(ビジネス部門)、ICTビジネス研究会ビジネス賞の三冠を達成することが出来ました。