流星群!!

みなさん、12月13日から14日にかけて、ふたご座流星群が観測できるそうです!

あいにく、本社がある香川県は昨日今日雨ということもあり、

観測できませんでしたが

晴れの地域のみなさんは、観測された方いらっしゃるのでしょうか?

ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群(1月)、ペルセウス座流星群

(8月)とともに「三大流星群」と呼ばれているとのこと。

12月13~14日ごろを中心に活発に活動し、毎年安定して流星が

出現する流星群として知られているそうです。

また、見る方角については、月が視野の中に入らないような方角を

観察したほうが、月の明るさに妨げられずに流星を観察できるとの

ことですので、ぜひ観測をしてみてくださいね。

今年度の新卒者採用について振り返りをしました。

昨日、人事では今年度の採用について振り返りをいたしました。

今年度の新卒者採用では、昨年に比べて、

技術職の希望が豊富な年だったことから、

手に職をつけたいと考えている学生が増加していることが分かりました。

リクナビからのエントリーや、自社のホームページを見ていただいた方、様々なルートで出会えた学生がおります。

内定式は先月に行っておりますが、サクセスでは、引き続き新卒者の募集をしております。

技術職に加えて、ドコモショップスタッフや事務職も募集しております。

少しでも興味がある方、お待ちしております。

四国八十八ヶ所霊場めぐり支援アプリ『お遍路ナビ』 リリース

過疎化が進む四国の地域を活性させたいとの考えから地域の交流人口拡大に貢献できるアプリとして『お遍路ナビ』を開発しました。お遍路は通常歩いて札所をめぐります。そのため次の札所に向かうとき、どうやって移動すればいいのか。車で移動を前提としたカーナビの機能は発達していますが、歩くことを前提とした1メートル単位でのGPS機能は未整備だったところに光を当てる指さし機能を搭載したアプリです。

札所だけではなく、周辺のお食事どころや宿泊施設もチェックすることができ、歩くお遍路さんの目線に特化したコンテンツとなっています。
また瀬戸内国際芸術祭などからsetouchiが海外で評価されるようになり、外国人旅行者が数年前に比べて増えてきました。
そんな外国人にとってお遍路という文化は関心が高く、やってみたいと思っている人も多い。ただお遍路の白装束はどこで手に入れるか。
どうやって巡礼するのか、辿り着いたお寺でどうやってお参りするのか。
この疑問に『お遍路ナビ』が分かりやすく手軽に応えることが出来ました。
日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語の5カ国言語に対応。
お作法については動画で確認できる機能を搭載しています。

四国八十八箇所を世界遺産に。という動きをサポートしているという評価も加わり、香川県知事賞、最優秀特別賞(ビジネス部門)、ICTビジネス研究会ビジネス賞の三冠を達成することが出来ました。

12月に入りました!

今日から、早くも12月ですね。

一年は振り返るとあっという間だと毎年思っています。

12月は【師走】といいますが、師走とは仏事で坊主が慌ただしく駆け

回る事とから月の名前が付けられたとのこと。

今年も残り一ヶ月となり年末に向けて業務も慌ただしくなりますが、

無事に年末を迎えれることを

願いつつ日々過ごしていきたいと思います。

現在、風邪やインフルエンザなど流行しておりますが、

みなさんも健康に気をつけてお過ごしください。